「中共が隠蔽しているコロナの真相」新中国連邦が大阪でデモ行進

今年の6月4日に成立を宣言した「新中国連邦」の日本支持者らが、8月29日、大阪で「コロナの真相を伝え、中共の責任を追及するデモ行進」を行いました。

記者
デモ隊は後ほど、私の後ろにある中国領事館付近の靱公園から出発し、御堂筋を南進し、難波駅に向かいます。日本の民衆に中共ウイルスの真相を伝え、中国共産党の本質を見極めるよう呼びかけます。

デモ出発前、主催者は中共駐大阪総領事館の前で、中共に責任を問う文章を読み上げ、その後領事館のポストに投函しました。

気温36度の猛暑の中、日本在住の中国人や日本人からなるデモ隊約150人は、大阪の中心部でおよそ3.5キロの距離を練り歩きました。

デモ隊は「中共は中国ではない」「日本、目覚めよう」などのパネルや横断幕を掲げ、中共の欺瞞や殺戮を糾弾し、武漢P4実験室の公開調査を求め、中共はテロ組織であると訴えました。

今回のデモは、中共ウイルスの真相を伝えることを目的としており、コロナウイルスは中共が実験室で作った生物化学兵器であるため中共ウイルスと呼ぶべきだなど、日本のメディアでは報道されないことを伝えています。日本国民には、家族や国を守り、世界秩序を守るためには中共に責任を問うべきだと促しています。

デモ主催者 草根小哥
「共産党は中国人の敵であるだけでなく、14億人を奴隷化している。これは周知のことだ。だが今、中共はウイルスを全世界に撒き散らし、人類全体に脅威を与えている」

デモ参加者
「みんなで一緒に、この世界最大の悪性腫瘍ー中国共産党を撲滅しよう!」

「日本人も立ち上がって、一緒に共産党を打倒してほしい」

「CCP(中共)を撲滅しないと、このウイルスの本当の出所、ウイルスがどのように実験室から出てきたか、この真相を突き止めなければ、このウイルスは引き続き日本だけでなく、世界の人々に危害をもたらすだろう」

デモは約1時間半続き、午後4時半に終了しました。

 
 
 
 
 

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国
米国政府はファーウェイへの禁輸をさら ...
続きを読む >