中国 オバマ時代の株式市場取引で不正【China in Focus】

2013年以来、中国企業はニューヨーク株式市場、NASDAQや他の取引所にアクセスを持っていました。

しかし、サーベンスオクスリー(SOX)法を完全遵守していませんでした。この法律はアメリカ投資家を誤った会計情報によって、間違った投資から守るためのものです 。

この譲歩はオバマ政権の時に、 覚書に記されたものです。それにより、中国企業は国家機密保護のために会計簿を監査に手渡すことを 拒否できました 。

この覚書は7年前上場企業である会計監督委員会PCAOBによって実施されました 。

P-C-A-O-Bは連邦規制当局に対し、中国企業が提供した財務情報が正確であるかを確保することができないと自らが認めました。

最近の声明によると、P-C-A-O-B は「残念ながら、2013年に覚書を取り交わして以来、中国側のP-C-A-O-Bとの協力は十分ではなく、我々の中核原則に乗っ取った任務を遂行するのに、必要な関連文書や証言へのアクセスを適時に得ることができない。また、覚書に基づき行われた相談事項は結果的に何の改善にもなっていない」

これによって、アメリカを含む世界の投資家はほぼ2兆ドルに達するリスクを孕んだ投資に対処しなければなりません。

中国の企業の中には、収益の数字を粉飾したことを認めたものもあります。

NTD News