共和党全国大会開幕 トランプ氏を大統領候補に正式指名

8月24日、ノースカロライナ州シャーロットで共和党の全国大会が開幕し、全米から300人以上の代議員が出席しました。大会では、共和党の大統領候補として、トランプ大統領ペンス副大統領を正式に指名しました。

米共和党全国委員会 ロナ・マクダニエル委員長
「大会の開会を宣言する」

8月24日の早朝、ノースカロライナ州シャーロットで開催された共和党全国大会には、全国から336人の代議員が参加しました。投票の結果、トランプ大統領は2,550票を獲得し、大統領候補指名を受けました。正午には、ペンス副大統領とトランプ大統領が登壇しました。

ペンス副大統領
「共和党だけでなく、米国全体がトランプ大統領がもう4年間ホワイトハウスにいることを必要としている」

参加者
「もう4年!もう4年!」

トランプ大統領
「我々は勝たなければならない。これは米国史上最も重要な選挙で、慎重にならざるを得ない。なぜなら民主党が、彼らが推進ている8000万票の郵便投票を再び試みているからだ」

トランプ大統領は、疫病流行前の米国経済は史上最高の状態だったと述べました。また、バイデン氏が当選した場合、米国の経済は停止し、中共が米国を掌握することになると警告しました。

大会のテーマは「偉大なるアメリカの物語に敬意を表する」となっています。代議員は、先週の民主党大会とは異なり、今週の共和党大会では、より具体的な政策について話し、よりポジティブなメッセージを発信すると考えています。

ハワイ州共和党主席 シャーリーン・オストロフ氏
「米国民は、トランプ氏が代表する米国、民主党とは根本的に異なる米国に驚き、ポジティブで偉大な、感動的な国に驚くだろう」

米共和党全国委員会委員 ロン・コーフマン氏
「我々が何をするかというと、トランプ大統領の当選によって米国がいかに更によくなったかをはっきり見せることだ」

24日夜の共和党大会は「約束の地」と名付けられ、黒人のティム・スコット上院議員、ニッキー・ヘイリー元国連大使、アフリカ系アメリカ人でジョージア州の民主党下院議員、ヴァーノン・ジョーンズ氏などが登壇しました。