米司法省 「千人計画」参加の中国人研究者を起訴 米国の助成金で中共に奉仕

中共は「千人計画」を利用して外国に浸透し、技術の盗用を行っています。 米司法省によると、中国人研究者の鄭頌国氏は中共の「千人計画」への参加を隠し、米国から受けた助成金を中共の医学研究に使用していました。 鄭氏は5月22日、国外逃亡を図りましたが、空港で逮捕され、9日に裁判所に出廷しました。

米司法省の文書によると、中共の「千人計画」に参加し、中国の大学との提携を隠して中共から資金援助を受けていた、オハイオ州立大学のリウマチ学科教授で研究者の鄭頌国氏は、虚偽の陳述をした罪に問われています。

鄭被告は、アメリカ国立衛生研究所から約410万ドルの研究資金を受けながら、中共政府のためにリウマチや免疫学の研究を行っていたため、連邦政府の研究助成金詐欺の罪にも問われています。

57歳の鄭頌国被告は2013年に中共の「千人計画」に参加しました。5月22日、アラスカ州アンカレッジに到着した後、別のチャーター機で中国に逃亡しようとしたところ、空港で逮捕されました。

司法省の文書によると、鄭被告は逮捕時、大型トランク3個、小型スーツケース、ブリーフケース、ノートパソコン2台、携帯電話3台、USBメモリー数個及び銀の延べ棒を所持していたほか、家族の期限切れの中国のパスポートと中国の不動産権利証書も所持していました。

司法省によると、両方の罪で有罪判決を受けた場合、最高で15年の禁固刑が科せられます。国外逃亡の可能性があるとして、保釈は許可されていません。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >