必要があれば軍を派遣 トランプ大統領「シアトルは占拠させない」

トランプ大統領は6月12日、シアトルを無政府主義者に占拠させないために、必要に応じて州兵を投入すると述べました。

トランプ大統領はFOXテレビのインタビューで、シアトルの不法占拠を許さず、必要であれば州兵を派遣して問題を解決すると述べました。

トランプ大統領
「シアトルを無政府主義者に占拠させることはない」

トランプ大統領
「悲しすぎる。シアトルでこのようなことが起きるのを許さない。やむをえない場合、軍が進駐することになる。州知事がするのであれば、知事に任せる。彼には強い州兵がいるので、やろうと思えばできる。とにかく解決しなければならない。これらの人に偉大な都市の重要な部分を占拠させてはならない」

一方、シアトル動乱のリーダーで市議会議員のクシャマ・サワント氏は、抗議者が市庁舎を占拠して市長の辞任を要求するのに協力しただけでなく、警察署の返還を拒否し、占拠区域への警察の立ち入りに抵抗するよう抗議者に働きかけています。

地元警察は、占拠された区域への立ち入りができず、911通報の対応時間が通常の3倍になったと指摘しています。また、市民や企業は、いわゆる「自治区」での商売をするために抗議者に保護費を払わなければならないことや、住民は自宅に入るにも武装したデモ隊から身分証明書の提示を求められると警察に訴えています。

11日、アフリカ系アメリカ人コミュニティ諮問委員会のメンバーは、シアトルの抗議者たちは、自分たちの目的達成のために「Black Lives Matter」のスローガンを盗用していると公に批判しました。警察の中にも黒人がおり、抗議者らはあきらかに黒人警察の命を大切に思っていないからです。

 
 

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」
米国政府は8月7日、中共と香港政府の ...
続きを読む >