「急進左派は抗議を利用して法執行機関を弱体化」トランプ大統領は警察への支持表明

トランプ大統領は、バイデン元副大統領と急進左派の民主党員が、最近の抗議活動を利用して法執行機関を弱体化させようとしていると非難しました。

トランプ大統領は6月7日に「ジョー・バイデンは警察の資金削減だけではなく、軍隊の資金も削減したいのだ!彼には他に選択肢がない。民主党が急進左派に支配されているからだ」とツイートしました

これより前、トランプ大統領は米国に必要なのは法と秩序だと述べています。

黒人男性の死亡事件をめぐる抗議は暴動に発展し、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」運動は警察の資金削減を要求し始め、一部の民主党員の支持を得ました。

民主党の大統領候補で元副大統領のバイデン氏は6月1日、大統領に就任すれば00日以内に警察の監督機関を新設するとの考えを示しました。

抗議活動の発端となったミネアポリス市では、市議会議員の一部がミネアポリス警察の解体を求めましたが、市長はこれに断固として反対しています。

一方、ロサンゼルス市では、市長はすでにロサンゼルス市警の経費を1億ドルから1億5000万ドル削減すると発言しています。

警察の経費削減要求は、外部からの批判を招いています。

最近の暴動では警察官が負傷するケースが相次いでいます。ラスベガス、ニューヨーク、ニュージャージーなどでは、レンガや石を投げつけられたりして警察官が負傷し、ミズーリ州セントルイスでは警察官4人が銃撃を受けて負傷しました。

 
 

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」
米国政府は8月7日、中共と香港政府の ...
続きを読む >