「隠蔽は今回が初めてではない 日常茶飯事」

12月以来 中国共産党はCCPウイルスの本質を暴こうとした市民らの口を封じました。北京政府のパンデミックの対応は当局の透明性の欠如を露呈しました。

サラ・クック 中国 香港 台湾上級リサーチアナリスト フリーダム・ハウス
「CCPは悪いニュースを目立たないようにしてそれらを隠蔽しようと企みます。そんなことは全て日常茶飯事です」

臓器の強制摘出に反対する医師団」は今週 記事を発表しました 。概要は 否定 隠蔽 偽情報の拡散、そしてそこで得たものを利用するという北京の欺瞞の手口です。

医師らは 当局のウイルス隠蔽は この手口の通りだといいます。

ロブ・グレイ 副所長:臓器の強制摘出に反対する医師団
「歴史は繰り返します。Covid-19の隠蔽もそうです。我々が中国で 組織的な医療惨事の隠蔽を目にしたのは今回が初めてではありません」

2019年ロンドンにて、元国連戦争犯罪検察官ジェフリー・ナイス卿が議長を務める人民法廷は、中国で 相当な規模の臓器の強制摘出が行われ、それは今も続いていると全会一致で結論付けました。

主な犠牲者は、中国で精神的な鍛錬法を広めた法輪功学習者であったことが分かりました。CCPは法廷での証言のために出廷を複数回求められたが、返答しませんでした。

イーサン・ガットマン 共同創立者:中国での臓器移植濫用停止 ETAC国際ネットワーク
「唯一の返答、唯一の公式な返答は、この問題に着目すらしていないWHOからでした。要は 彼らは、これは真実ではなかったという北京の一連の陳腐な議論を使って言い返して来ました」

パンデミックの間、中国で臓器の強制摘出が中止された形跡はありません。3月のマスコミの報道によると、中国の医師らが 両肺移植の成功を自慢していることが明らかになりました。あり得ないほど短い待機期間は誰かがそれらの臓器のために殺されたことを示唆しています。しかし英国では 再調査と英中関係を求める政治家らの声が高まりました。

人権擁護者のベネディクト・ロジャーズは何年間も再考を求めて声を上げて来ました。

ベネディクト・ロジャーズ イギリス保守党人権委員会副主席
「今回の惨事で幸いなことの一つは、政策と中国国民や国ではなく、中国共産党に対する考え方の再考です」

彼はウイルスの原因を調査するだけでなく、臓器の強制摘出もさらなる調査が必要だと言います。