中国共産党(CCP)の奴隷から抜け出すまで【回想録】True Story Memoir of a Communist Slave

私たちは中国共産党 (CCP)は「 偉大で栄光であり、正しい」と教育されてきました。

彼らは妊娠3か月の妻を死に至るまで迫害するとは思ってもいませんでした。妻と私たち家族が法輪功の学習者だという理由だけで。

法輪功は1990年代に流行りだした平穏な健康法です。少なくとも7000万人の中国人が実践していました。

法輪功の人気は当時の独裁者江沢民に目を付けられました。江沢民は政治力を強化するため、法輪功の学習に対して毛沢東と同じやり方の迫害運動を発動しました。

信念を捨てなかったため私は強制労働収容所で2年間の強制労働と肉体的および精神的拷問を受けました。釈放された後 中国のゲシュタポ(秘密国家警察)である610弁公室から、私を再逮捕すると言われました…

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >