中共に浸透された国連 職員189人が感染

武漢で発生した中共ウイルスの感染者数は世界で300万人以上に上り、20万人以上が死亡しました。国連も打撃を被り、4月12日までに国連職員のうち189人の感染が確定し、3人が死亡しました。

国連本部は3月10日から一般開放を停止しましたが、その二日後に、国連本部で初めて中共ウイルス感染者が出たことが明らかになりました。グテーレス国連事務総長は、ウイルス感染の拡大を防ぐために職員に在宅勤務の実施を求めました。

しかしこの措置によっても国連職員への感染拡大を防ぐことができず、3月20日には世界食糧計画(WFP)事務総長が自身の感染を発表しました。
4月13日に国連は、12日までに職員189人の感染が確認され、3人が死亡したと発表しました。
米国在住の時事評論家、田園氏は、今回の疫病大流行について、国連のWHOと中共はウイルスにとって最高の同盟相手であり、彼らが各国の防疫スケジュールを遅らせたことで、局所的な疾病が国際的な大流行に転じてしまったと指摘しています。

米国在住の時事評論家、田園氏
「中共はヒト-ヒト感染の発生を隠匿し、WHOもヒト-ヒト感染はないと言った。中共はこの疾病は予防と制御が可能だと主張し、WHOも世界のその他の国に対し、何の問題もなく、この公衆衛生事件は世界的なパンデミックにはほど遠い段階にあると発表した。しかしその数日後、巨大な圧力を受けながら各国が証拠を示したため、WHOはパンデミック宣言を出さざるを得なくなった」

国連職員が中共ウイルスに多数感染するなか、国連と中共の関係性に注目が集まっています。

ピーター・ナヴァロ、ホワイトハウス国家通商会議ディレクターは、過去十年間、中共は常に非常に積極的な行動に出て、彼らの側の人間がトップに選ばれるよう手を打ってこの機関をコントロールしようとしてきたと指摘したほか、WHOのテドロス・アダノム事務総長をエージェントとして、植民地代理方式によってその他の機関に影響を与えたり操作したりしていると述べています。

報道によると、中共は国連の15の専門機関のうち5機関を掌握しており、WHOのほかに国際連合食糧農業機関(FAO)、産業開発機構、国際電気通信連合(ITU)、および国際民間航空機関(ICAO)をコントロール下に置いています。

さらに中共は、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際通貨基金(IMF)、世界知的所有権機関(WIPO)などの組織にも深く浸透しています。
今年の4月上旬には、中共外交代表が国連人権理事会諮問グループのメンバーに就任しました。人権理事会は、人権弾圧を行っている中共とキューバなどの国によってコントロールされています。

米国在住の時事評論家、田園氏
「国連は1945年の発足当時には、完全に世界平和や国際間の対話と協議を推進する国際機関で、「紳士機構」とも言えるものだった。しかし紳士は自ら規則に従うものだが悪人は平気でこれを破る。こうした「悪人」国家に対処する能力がないことが国連の最大の問題だ。国連にはそのような規制がないのだ」

田園氏は、国連が中共を受け入れてから、中共は段階的戦術で国連の全ての組織に浸透を図ってきたと指摘し、中共が握ったこれらの機関はすでに、世界に好ましくない作用を及ぼしていると警鐘を鳴らしています。

例えば世界にウイルスが蔓延する中、台湾がその防疫に成功した最初の国であることは世界が認めています。現在まで台湾の感染者は429人で、死亡者も6人です。それにもかかわらず、WHOは台湾を排除し、昨年12月にヒト-ヒト感染の警告を発したときにも台湾はかやの外に置かれていました。

田園氏は、台湾、つまり中華民国は国連設立国の一つであるにもかかわらず、国連とその下部組織から排除されていると述べます。

米国在住の時事評論家、田園氏
「設立国の一つをドアから叩き出したということは、世界でもまれにみる出来事だと思うが、文明国家にとっては恥ずべきことだ」
田園氏は、台湾の防疫成功はWHOが中共の傀儡でしかないことを表していると述べています。また、国連とその下部組織に対する中共の浸透の深さをよく示しているとも指摘しています。

大紀元は、今回のウイルスは中共との関係が密接な国、都市、組織、個人に広がっており、共産党をターゲットにしていると指摘しています。

評論家も、中共から深く浸透されている国連がウイルスから大きな被害を被っていることからも、ウイルスの指向性がうかがえると考えています。