《社説》このウイルスは中国共産党に狙いを定めている

今年に入ってから、中国共産党政権の情報隠ぺいが原因で、中共肺炎(武漢肺炎、COVID-19)が世界中に急速にまん延し、世界を恐怖に陥れた。感染症が無情だとは言え、この状況をもたらした伏線がすでにあった。特に、中共肺炎が中国国外に感染拡大した現状をみれば、このウイルスが中国共産党に狙いを定めているとはっきり認識することができる。

発生から2カ月以上経った今回の疫病は、勢いを増し続けており、今は全世界に拡散している。危機に直面している各国政府と国民は、ウイルスがどこから来たのか、中国共産党とどのような関係があるのか、さらに個人と国はこれからどのようにすればこの災いを回避できるのかと考えなければならない。

中国共産党の歴史は、戦乱、飢餓、疫病と殺戮に満ちた暗黒の歴史である。中国共産党政権による70年間の圧政の下で、8000万人の中国人が殺害され、中国の伝統文化と中国人の道徳観が破壊された。とりわけ、ここ30年間、共産党政権は1989年の学生運動を武力鎮圧し、1999年から法輪功の学習者を弾圧し始めただけでなく、近年より広範囲に中国国民を虐げている。中国共産党は暴力とウソで、中華民族と世界各国に重大な災難をもたらした。『共産党に対する九つの評論』(九評)の編集部は記事で、「共産主義の本質は邪霊」であり、その最終的な目的は人類を滅ぼすことであると指し示した。

ここ40年間、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの発展途上国から欧米の先進国まで、共産邪霊の代表者である中国共産党は、経済的利益を餌にし、グローバル化や孔子学院、巨大経済圏構想「一帯一路」などを隠れ蓑にし、政治・経済・文化・教育・ハイテク技術などの各分野において、世界各国に対して浸透工作を仕掛けてきた。「中国共産党は、人々を誘惑し神に背かせ、人類を滅ぼすという最終的な目的を実現しようとしている」(九評第十二章)

経済利益を受けた国・地域の政府は中国共産党との関係を強化してきたが、災いもそれと共についてやってきた。今回の中共肺炎は明らかに、中国共産党と密接な関係を築いた国、都市、組織、個人を狙っている。