諸葛亮には及ばないと批判された後継者、蒋琬の成功の理由

中国三国時代諸葛亮の死後主帥を亡くした蜀国は緊迫した情勢に陥りました。しかし、丞相になった蒋琬は平然として朝政に臨みました。

正史ではこう書かれています。「憂いも喜びもない表情、普段と同じような立ち居振る舞い」。人々は徐々に彼に信服するようになりました。

蒋琬は寛大で思いやりがある人です。当時、楊戯という無口な役人がいました。蒋琬が話をかける時に彼はいつも返事をしません。すると周りから、「丞相は楊戯に話しているのに、彼が返事しないとは失礼極まるのではありませんか?」と耳打ちしました。

蒋琬は、「人はそれぞれだ、表にみえるものは心の現れだ。表では従順にし、背後で批判する者は古人が警戒する者だ」「楊戯がもし僕を讃えたらそれは彼の本心では無いのだ。もし僕に逆らうのであれば、僕に足らないところがあるからだ。だから、黙っているのがまさに彼の賢いところだ」

のちに人々は蒋琬を「度量が大きい」と讃えました。

また、楊敏という者は、蒋琬は「ことの処理はめちゃくちゃで前人(諸葛亮)に及ばない」と悪口を言いました。周りは楊敏を懲罰すべきだと求めたが蒋琬はこう言いました。「私は本当に前人に及ばない、彼を咎めることはできないのだ」。その後、楊敏はあることで罪に問われ死刑に処されると予想されたが、正直で公正な蒋琬の調査で彼は重罪を逃れました。

正史では蒋琬を「真面目で威厳があり諸葛亮のやり方を改革せずに継承したから、国境は安定し、国も国民も平和に暮らした」と讃えました。

 
 
 
 
 

日本でもTikTok利用制限の検討を開始

日本でもTikTok利用制限の検討を開始
短編動画投稿アプリTikTokは日本 ...
続きを読む >