《三字経》第二十一単元 半部論語を以って天下を治めた趙普

三伝は
公羊(くよう)有り
左氏(さし)有り
穀梁(こくりょう)有り
経(けい)既(すで)に明らかにして
方(まさ)に子(し)を読み
其(そ)の要(よう)を撮り
其(そ)の事を記す

三伝とは「春秋」についての三つの注釈書だ
一つ目は戦国時代の公羊高が著した「公羊伝」
二つ目は春秋時代魯国の左丘明が著した「左氏伝」
三つめは戦国時代の谷梁赤が著した「穀梁伝」
四書六經(儒教の経書)を精通してから
諸子百家(思想家の総称)の書籍を読める
各派の経典の精髄を抜粋し、事例を記録した

宋王朝の有名な臣下 趙普は
宋太祖(皇帝)と弟の宋太宗を補佐した
趙普が若い頃はあまり勉強していなかったが
晩年は熱心に勉学に努めた
後に「論語」の20篇を読んでいたと分かった
これが「半部論語で天下を治めた」由来だ

 
 

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」

中共が米国人11人に報復制裁 米議員「引き下がらない」
米国政府は8月7日、中共と香港政府の ...
続きを読む >