新型肺炎を最初に警告した李文亮医師死去 「情報封鎖でウイルスがさらに拡散」

昨年12月末、武漢では8人の医師が新型コロナウイルスの出現について警鐘を鳴らしましたが、デマを流したとして処分を受けました。この8人のうち、武漢で眼科医を務める李文亮さんが、新型肺炎で死去しました。

中国メディア「新京報」によると、新型コロナウイルスをいち早く警告した李文亮医師が、新型コロナウイルスによる肺炎で2月6日夜、死去しました。

李文亮さんは武漢市中心医院の眼科医でした。昨年12月30日午後、ウィーチャットの同級生のグループチャットで患者の診断報告書を共有し、「華南海鮮市場の7人がSARS(重症急性呼吸器症候群)と確認された」「最新情報ではコロナウイルスであることが確認された」と発信し、警戒を呼びかけました。武漢で新型ウイルスが発生していることはこのようにして、初めて外部に伝わりました。

12月31日、武漢市衛生健康委員会が初めて新型肺炎の発生を公表しましたが、「人から人への感染はまだ見つかっていない」としました。

1月1日、武漢市公安当局は「ネット上に事実でない情報を公表した」として李文亮医師ら8人を処罰したと発表しました。

中国メディア「財新網」の報道によると、李文亮さんへの警察の「訓戒書」には、「ネット上で事実でない情報を発表し、社会秩序を著しく撹乱した。悔い改める意思がない場合は、法律の制裁を受けることになる」と記されています。

中国民主教育基金会理事 陳闖創さん
「公安部長の趙克志は、防疫における最も重要な任務は政治の安全を守ることだと言った。多くの事件からわかるように、警察の権力は極めて大きく、民間の言論の自由や信仰の自由、結社の自由に干渉している」

李さんは訓戒処分を受けた後、病院に戻りました。1月8日、眼科患者の診療中に患者から新型肺炎に感染したとみられ、10日から咳き込み始め、11日から発熱症状が現れました。12日から入院し、隔離治療を受けていました。

中国の元弁護士 賴建平さん
「感染の危険性をよく知っている李文亮医師さえも感染した。これは感染力が非常に強く、抑制が難しく、防護体制も整っていないことを表している。一般人ならなおさら感染しやすい」

2月1日、李文亮医師が新型コロナウイルスによる肺炎であると診断されました。同時に、両親の感染も判明しました。そして6日夜、33歳の李さんは、5歳の息子と二人目を妊娠中の妻を残し、帰らぬ人となりました。

中国民主教育基金会理事 陳闖創さん
「李文亮さんは最初に情報を発表し、そしてこの病気で亡くなった。中共は情報を封鎖し、特に疫病の情報を封鎖したが、疫病を抑制することはできず、返って疫病はさらに拡散し、もっと多くの人が侵食されている」

中国の複数の省の疾病抑制センターの専門家が「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表した論文によると、李文亮さんが1月12日に隔離されるまで、1日から11日までの間7人の病院関係者が感染していますが、当局は公表するどころか、人から人への感染はまだ見つかっていないと繰り返し強調しました。

中国の元弁護士 賴建平さん
「李文亮さんは明らかに虚言によって倒れた。多くの庶民は社会のメカニズムにおける言論の自由の重要さが分かっていない。制度性の罪悪になると、全ての人が被害を被る」

李さんの訃報が伝わると、多くのネットユーザーが「号泣した」「真実を話すと死なないといけない国」などと哀悼のコメントを寄せました。また多くの人が中共政府と警察、中央テレビに怒りをぶつけ、謝罪を求めました。さらにあるネットユーザーは、「李文亮医師は2種類のウイルスによって亡くなった。一つは新型コロナウイルスで、もう一つは共産ウイルスだ」と非難しています。

 
 
 
 
 

日本でもTikTok利用制限の検討を開始

日本でもTikTok利用制限の検討を開始
短編動画投稿アプリTikTokは日本 ...
続きを読む >