【動画ニュース】横浜で法輪功の反迫害パレード

10月6日、港町横浜では法輪功学習者による反迫害パレードが行われました。3時間にわたり市内を練り歩き、横浜の市民や外国人観光客に中国でいまだに行われている臓器狩りなど、迫害の現状を伝えました。

記者
ここは横浜桜木町です。法輪功学習者のパレード隊列はここから出発します。横浜中華街を経由しますが、より多くの中国人に真相が伝わることを望んでいます。

天国楽団を先頭に、パレード隊は中国の人権迫害の現状を伝える各種のぼりや横断幕を掲げ、横浜の市街地を練り歩きました。

日本旅行を楽しんでいる外国人観光客も多く、迫害の元凶である江沢民の提訴を支持する署名に積極的に応じました。

日本人学習者 牧聪士さん
「今日のこのパレードは横浜で行われるので、いま日本に来ている多くの中国人の旅行者の人に日本で真相を知ってもらいたい。中国ではなかなか中国共産党の制限のために、真相を知ることができない。だから私たちのパレードを見て真相を知ることと、それから私は日本人だけど、中国以外の国ではこの法輪功は非常に素晴らしいものとして歓迎されている、たくさんの人が法輪功をやっているということを中国の人に中国人観光客の人にわかってほしい」

中国で今もなお行われている臓器狩りについて、初めて耳にする市民も多く、積極的に署名に応じました。

市民
「署名くらいしかできないけど、それでも力になってよかったと思う」

市民
「人としても考えられないだろう。共産主義の一番悪いところだと思う」

平和的なパレードを通して、より多くの日本国民に隣国で起きている人権迫害の現状を伝え、1日も早く迫害が終わることを望んでいます。