【動画ニュース】香港警察 複数の民主活動家を逮捕「政府による白色テロ」

8月30日、雨傘運動の学生リーダー、黃之鋒(ジョシュア・ウォン)さんと周庭(アグネス・チョウ)さんが突然逮捕されましたが、保釈金を払って釈放されました。この日、香港警察は複数の運動家と民主派議員を逮捕しました。

香港の政党「香港眾志(デモシスト)の秘書長を務める黃之鋒(ジョシュア・ウォン)さんが30日午前7時30分頃、地下鉄の駅に向かっているところ、路上で民間車両に押し込まれ、警察本部に強制連行されました。周庭(アグネス・チョウ)さんも自宅から連行されました。

二人とも保釈金を払い、夕方に釈放されました。容疑は6月21日に「無許可の集会に参加し、また集会に参加するよう人々を扇動した」としています。

周庭さんは、6月21日の集会は警察が許可したもので、今回の逮捕は白色テロを作り出していると示しました。

香港眾志 周庭(アグネス・チョウ)さん
「我々ははっきりと見ている。中共当局と香港政府は白色テロを作り出そうとしており、今後社会運動や民主化運動に参加しないよう市民を脅迫している」

29日、中国国営メディアは香港に駐屯する人民解放軍部隊の入れ替えを行なったと大々的に報じました。その後、区議会議員1人と民主派立法議員3人や香港民族党の陳浩天(アンディ・チャン)氏など、リーダー格の活動家が次々逮捕されました。

このほか、香港で何週間にもわたり記録的なデモ行進を主導している民主派団体、民間人権陣線(CHRF)のリーダー、岑子傑(ジミー・シャム)氏が29日、友人と食事中に武装した覆面の男2人に襲われました。

また、7月21日の元朗(ユンロン)で無差別襲撃事件発生後、23日に元朗でのデモを申請した民主活動家、鍾健平(しょう・けんへい)氏も29日、東南アジア系の男4人に鉄パイプで襲われました。

27日、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は記者会見で、通信や集会を制限できる「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動する可能性をほのめかし、懸念を引き起こしました。

今年22歳の黃之鋒さんは、これまでに3回逮捕されたことがあり、11月8日に出廷を求められています。釈放後の記者会見では、巨大なプレッシャに直面しても決して退かないと、強い意志を示しました。

香港眾志秘書長 黃之鋒氏
「香港に軍隊を派遣しても、緊急法を発動しても解決にはならない。我々は逮捕されようと起訴されようと戦い続ける」「北京は香港人の自由を制限し続けているが、我々は決して屈しない」

一方、31日に予定していた大規模デモは警察の許可がおりず、主催者の民間人権陣線はやむなくデモの中止を発表しましたが、市民らは宗教の集会などの形式で、賛美歌を歌いながら、香港中心部の幹線道路を行進しました。

警察当局の大規模逮捕に対し、香港市民は逆効果を生むだけだと語ります。

香港市民
「彼らが黃之鋒を逮捕し、政治的権力を利用して過去3か月の運動に影響を与えようとしているが、この運動がさらに広がるだけだ」

Jeremy Sandberg 記者
「多くの民主派活動家は、政府は恐怖を煽り、白色テロの雰囲気を作り出し、さらなる抗議活動を組織しないよう阻止しようとしていると指摘しています。ジェレミー・サンドバーグが香港からお伝えしました」

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >