【動画ニュース】米コストコ 上海で初の実店舗開業 大混雑から垣間見える民衆の本音

近日、米国の会員制倉庫型卸売大手のコストコが上海に初の実店舗をオープンしましたが、買い物客が殺到し、大混乱となり、半日で営業を終了しました。

米中貿易戦争の激化に伴い、中国のメディアは民衆の反米感情の高まりを盛んに報じていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

8月27日、1100台を収容できるコストコの駐車場は午前9時前にすでに満車となりました。

来店客が押し寄せ、11時頃にはすでに限界を超え、店側は入店制限をはじめました。

駐車場に入るための車列は2キロにわたり、周辺の交通が麻痺しました。さらには、遠方から訪れた来店客が入店できないとわかると、店側に経済損失の弁償を求めました。

いっぽう、店内は来店客で溢れ返り、まるで戦場です。コストコは商品のサイズが大きく、高品質、低価格が特徴です。例えば、日用品は市場価格の3割から6割も安く、食品価格も1割から2割程度安く販売されています。また、普通3000元で売られている中国の高級酒、茅台(マオタイ)酒が、コストコでは1500元以下で販売されています。

中国では最近、豚肉や卵などの食品価格が高騰していることもあり、食肉売り場では商品の奪い合いの場面も見られました。

店側はさらなる混雑を避けるために、開店からおよそ2時間後、会員宛に営業終了の知らせを発信する羽目になりました。

米中貿易戦争が激化する中、中国の官製メディアは反米感情を絶えず煽っていますが、コストコの開店セールで見られた光景から、民衆の心の内を垣間見ることができます。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >