【不思議な夢】グーグル検索エンジンの発想は夢からヒントを得た

が人類に大きな影響を与えていることをご存知ですか?夢を通じて未来を知る人もいれば、夢でヒントを得た科学者も少なくありません。一部の重要な発明は実は夢から来たものです。

1.検索エンジン

米メディア「ビジネスインサイダー」の報道によると、1996年、22歳だったスタンフォード大学院生のラリー・ペイジさんは、夜中に夢から覚めました。夢の中で、彼はインターネットの全サイトをダウンロードして、各サイト間の関連性をチェックしていました。この夢で彼の頭に新しいアイデアが浮かびました。

彼は夢で見た内容を記録して、「バックラブ(BackRub)」という計算基礎を作り、それをPageRankと名付けました。これがのちにグーグルの検索エンジンの原型になりました。

2.ミシン

エリアス・ハウはミシンの発明者と言われています。実は彼はどこかにあったミシンのデザインを改善しただけかもしれません。彼は米国で二重縫い方式のミシンの特許を取得した最初の人物で、これは現代のミシンにとって大変重要な進歩でした。針のどの部分に糸を通すのか、彼はその夢を見るまで、ずっと悩んでいました。彼のファミリーヒストリーでは次のように記述しています。

「彼は糸を通す穴を従来通り針の後部にしようとしていた。糸を通す穴を針の先端に開けることは考えもしていなかった。彼は見知らぬ野蛮な王にミシンを作らされた夢を見た。その夢を見なければ彼のミシンは失敗作に終わったかも知れない。王から24時間しか与えられなかった彼は諦めていたが、処刑場に連れて行かれた時に、彼は兵士たちが持っている槍の先端に穴が空いているのを目にした。これだと思った彼は、王にもう少し時間が欲しいと懇願した。その時、彼は目が覚めた。朝の4時だった。彼は真っ直ぐに作業場へ走った。そして、その5時間後の朝9時 針の先に穴を開けたサンプルができ上がったのである」

1845年 エリアス・ハウが作った最初のミシンが世に出されました。1分間で250針を縫うことができる優れものです。

3.継電器

1940年、米ニュージャージー州のベル電話研究所に勤めているデービッド・パーキンソンさんは夢を見ました。夢の中で高射砲を担当していた彼は次々とナチスの戦闘機を撃墜しました。そして、高射砲の脇には継電器がついているのを見たのです。目が覚めてから彼は継電器が射撃位置の計算に役立つことに気づき、それを使用して射撃管制を改善しました。

その高射砲を使ってみると数日間だけで、約200機ものドイツの戦闘機に損失を与えました。第二次世界大戦の勝敗にも影響を与えたと言えるこの発明で、デービッド・パーキンソンさんは大統領賞とフランクリン・メダルを受賞しました。

 
 

20日からTikTokとWeChatのサービス禁止=米商務省

20日からTikTokとWeChatのサービス禁止=米商務省
トランプ大統領が8月上旬に発令した大 ...
続きを読む >
 

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国

米制裁に対抗 韓国の半導体技術者を取り込む中国
米国政府はファーウェイへの禁輸をさら ...
続きを読む >
 
 

ポンペオ長官欧州歴訪 EUと共に中共の脅威に対抗

ポンペオ長官欧州歴訪 EUと共に中共の脅威に対抗
ポンペオ国務長官は9月15日、ワシン ...
続きを読む >