【動画ニュース】英国首相が香港市民に対する支持を表明 中国大使に抗議

英国政府は7月3日、逃亡犯条例改正に反対する香港人を支持することを改めて表明し、中国政府に「中英共同宣言」を遵守し、一国二制度の約束を守るよう呼びかけました。また英外務省は同日、中国大使を呼び出して抗議を行いました。

英国のメイ首相は7月3日、英議会の答弁で、香港市民による平和的な抗議活動を支持すると表明しました。

テリーザ・メイ英国首相
「非常にショックだ。下院議員らも非常にショックを受けたと信じている。月曜日に香港の立法会で暴力が使われた。大多数の、数十万の抗議者らが平和的、かつ合法的にデモ行進を行った」

メイ首相は中国政府に対し「中英共同宣言」を引き続き遵守するよう呼びかけました。

テリーザ・メイ英国首相
「香港は高度な自治、権利及び自由を有する。『中英共同宣言』に記されたこれらの内容が重視されることは非常に重要だ。私はすでに中国の指導者に対し、強い関心を抱いていることを直接伝えた」

英保守党の次期党首候補、ボリス・ジョンソン議員と、ジェレミー・ハント外務大臣も、香港の民主化運動に対し強い関心を抱いていることを表明しました。

英保守党の次期党首候補、ボリス・ジョンソン議員
「私は喜んで彼らのために声をあげ、全力で彼らを支持する」

ジェレミー・ハント外務・英連邦大臣
「国際的に拘束力のある法的合意が尊重されなければ、深刻な結果がもたらされる可能性がある」

ハント大臣は4日、英国が内政干渉を行っていると中国から批判を受けたことに対し、中国側に反論しました。

ジェレミー・ハント外務・英連邦大臣
「私は暴力を支持しない。私は、暴力に対処する方法は、鎮圧するのではなく抗議者の抗議行動の原因を理解することだと言っている。彼らの持っている自由は、この新たな引き渡し条例によって破壊されるかもしれない」

ハント大臣は、中国は英国が国際的義務を尊重する国であることを理解しなければならず、中国政府に対し、「中英共同宣言」における「50年間は変わらない」という約束を守るよう働きかけると述べています。

英外務省は7月3日、香港問題について駐英国中国大使を呼び出し、抗議を行いました。