【チャイナ・アンセンサード】中国とサウジアラビアが急接近?

中国アメリカに取って代わりたい。

中東地域で影響力のある大国として、サウジアラビアとの巨額取引がその鍵だ。

チャイナ・アンセンサードにようこそ!クリス・チャペルです。

サウジアラビアは長い間、アメリカの同盟国です。時には、大の仲良しと言って良いくらい。

トランプ大統領の時代になってもそうです。手の握り方は、少しギクシャクですけど。

アメリカとサウジアラビアの同盟歴史を話すと、もう一つ番組が作れます。いつ「America Uncovered」という番組で紹介できるかも。

ここでの大ニュースとは、中国共産党がここに足を突っ込もうとしていること。

中国リーダーの習近平氏は、サウジアラビアを「一帯一路」構想に引込みたいのです。

この一兆ドルに及ぶ世界的インフラ計画には、聴くに堪えないプロモーション応援歌があるのです。

「今こそ 未来がやって来る!一帯一路が その答え!」

一度聞いたら、頭にこびりついて離れない恐ろしい歌です。

ともあれ、中国共産党のサウジアラビアとの関係を改善する究極の目標は、中東で支配的な外国勢力となること。

もちろん歴史的に見れば、外国勢力が中東で常に歓迎されている訳ではないのです。

しかし、中国共産党は恐らくそれを知らないでしょう。この有り難い政党は、中国語の歴史の本を全て書き直したから。

1966~1976年の間は、何も起こらなかったことになったのでは?

さて、サウジアラビアの話に戻って。

サウジアラビアは、アメリカに多額の投資をしています。主に国有の「サウジ公的投資基金」を通して。

これは中東最大の政府系ファンドの1つで、資産は約3000億ドルにのぼります。

ものすごいお金ですね。配車サービスの「Uber」への35億ドルの投資なんて、ほんのはした金だね。

2030年まで「サウジ公的投資基金」は世界中で2兆ドルの投資を計画しています。

その大部分が中国に投資される可能性があるのです。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >