【中国ニュース速報】遼寧省でH5N1亜型鳥インフルエンザ確認/中国当局 世界範囲でDNA収集/新年号「令和」中国で2018年に商標登録

遼寧省でH5N1亜型鳥インフルエンザ確認

中国ではアフリカ豚コレラが依然として猛威を振るっていますが、遼寧省で先日、H5N1亜型(えいちごえぬいちあがた)の鳥インフルエンザが発生しました。中国当局の報告によると、遼寧省沈陽市のある養殖場で鳥インフルエンザが確認され、2万羽以上の家禽が殺処分されました。香港政府は、当該地域からの鶏肉および鶏肉製品の輸入を中止すると発表しました。

===

中国当局 世界範囲でDNA収集
中国当局は現在、様々な方法を用いて、世界最大のDNAデータベースを築いており、2020年までにはDNAベータデースの規模を一億にまで拡大することを計画しています。西側の専門家によると、中国のDNA収集の魔の手は海外にまで伸びており、人間の遺伝子データーバンクを武器化する可能性があるとのことです。

===

新年号「令和」中国で2018年に商標登録

最新の世論調査によると、日本国民の70%が新しい年号である「令和」に好感を抱いています。一方、情報によると、「令和」は昨年10月にすでに中国のアルコール類の商品名として商標登録されているため、今後「令和」に関する商標登録の申請が相次ぐ可能性があると懸念されています。

 
 
 

台湾駐米代表がTwitterの肩書きを「大使」に変更

台湾駐米代表がTwitterの肩書きを「大使」に変更
1979年の国交断絶後、最高位の高官 ...
続きを読む >