【動画ニュース】中国の元外交官 強制労働などの罪で不動産6か所没収

中国の元外交官鍾丹は、中国人労働者を外交関連ビザで米国に入国させ、建設現場で働かせていたことで、2016年に逮捕・起訴されました。3月22日、ニューヨーク東部地区連邦地方裁判所は検察が起訴した5つの罪が成立すると裁定しました。

中国の元外交官で中国日林実業集団(Rilin Enterprises)米国支社の元総裁、鍾丹は、億万長者王文良の甥で、元駐米大使、李肇星(り ちょうせい)とも特別な関係があると言われています。

鍾丹は、外交施設で働くビザで中国人労働者らを米国に入国させたあと、建設現場などで働かせていました。しかし、労働者らはパスポートや給料を差し押さえられただけでなく、寝泊まりはタコ部屋や工事現場といった劣悪な場所で強いられていたとのことです。

12人からなる陪審団の3週間に渡る審理を経て、鍾丹の5つの罪、強制労働共謀の罪、強制労働の罪、強制労働に関する文書隠蔽の罪、ビザ詐欺共謀の罪が成立すると裁決しました。

25日、陪審団は鍾丹が所有しているマンハッタン区ミッドタウンの高層ビル、ロングランドの豪邸を含む不動産6か所の没収を決めました。

今年49歳の鍾丹は2001年から2009年まで、中国駐ニューヨーク総領事館、中国駐米国大使館で外交官を務めていました。

ニューヨーク東部地区連邦検察官(Richard P. Donoghue)は、「アメリカは中国共産党とは異なり、アメリカ人は強制労働を容認することはできない。鍾丹の行為はアメリカの法律に違反しているだけでなく、アメリカの価値観にも反する」と述べました。

鍾丹は最高で20年の禁錮刑に直面しており、数ヶ月後に判決が言い渡されます。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >