【動画ニュース】中国産アウディ 内装に有毒材料使用?所有者複数人が白血病やがんに

3月9日、中国の高級乗用車アウディの所有者6人およびその家族が、中国で製造されたアウディ車の内装に有毒な材料が使われた疑いがあり、多くの人が白血病にかかったと訴えました。いっぽう、自動車業界内のある人物は、ブランド車が国産化された後、車の内装に有毒な材料が使われるのは中国ではよくあることだと明かしました。この種の有毒な材料には発がん性があると指摘されています。

中国のウィチャットに近日、ある文章が投稿され、アウディの所有者6人のうち、5人が白血病にかかったと訴えました。うち、北京の方さんと内モンゴルの王さんはすでに亡くなり、もう一人、福建省の男性は肝臓ガンにかかったそうです。

文章によると、北京の方さんはアウディQ5購入の5か月後に鼻炎にかかり、肌がただれ始めました。さらに1年半の時には、白血病にかかったことが明らかになりました。骨髄移植の手術を受けましたが、間もなく亡くなりました。まだ40歳でした。

山東省の林さんはアウディA4を購入しました。しばらくすると肌にアレルギー反応が現れ、喉が赤く腫れるなどの症状が出ました。新車購入から2年後、やはり白血病だと診断されました。

また、アウディA6Lの所有者の男性の投稿によると、購入から約1年後、肺がんにかかったそうです。

ほかにも、アウディA3の持ち主の男性は生まれたばかりの子どもが奇形児だとして、みんなで力を合わせて権利を守ろうと呼びかけています。

アウディQ5を所有するある女性は、毒性の強いホルムアルデヒドを長期にわたって吸っていたため、肝臓に異常が現れたと訴えています。さらには、流産した胎児もホルムアルデヒドのせいではないかと疑っています。

別の女性所有者も、妊娠3か月未満でお腹の赤ちゃんを失ったとして、2016年にアウディA4Lを購入したが本当に後悔していると述べました。

文章によると、国営メディアの中央テレビが2013年3月、中国産アウディの車内で異臭がするのは、中国第一汽車とドイツ・フォルクスワーゲンの合弁企業である「一汽大衆」(第一汽車・フォルクスワーゲン)が制振材に瀝青(れきせい)を使ったことが原因であると報道。さらに、この瀝青はベンゼンを含む有毒な気体を放出すると指摘しました。

北京大学医学院公共衛生学院の潘小川(はん・しょうせん)教授は、ベンゼンは血液循環系に危害をもたらし、白血病や慢性のガンを誘発すると述べ、ベンゼンは発がん性があると指摘しています。

化学博士でもある時事評論家の田園(でん・えん)さんは、中国の化学物質汚染と食品安全における危険性を指摘します。

在米時事評論家 田園氏
「瀝青が車内のインパネや空調のレジスターなどに使われると、呼吸と共にベンゼン、トルエン、ベンゼンの誘導体などを吸い込むことになる。これらには強い発がん性があり、日にちが積み重なると、最終的に白血病にかかる可能性がある」

広東省深セン市消費者委員会は2017年の上半期に、アウディQ5の車内異臭に関する116件の苦情を受付ました。抜き取り検査で23台のQ5を調べた結果、21台から基準を超えるホルムアルデヒドが検出されました。また一部車両からは、基準を超えるベンゼン、トルエン、キシレン などが検出されました。

在米時事評論家 田園氏
「車の内装に毒性のある材料を使うのは、中国では珍しいことではない。金さえもらえば、道徳のことは気にしない。中国では食品安全問題を見て見ぬ振りをしている。この種の化学物質の汚染に対する関心はさらに足りない」

自動車業界で働く秦さんは、中国当局は国有の自動車企業に投資し、外国企業との合弁企業を設立させるが、エンジンなどの核心的な部分だけ外国製を使い、他はコスト節約のために品質に問題のある国産を使うと明かしました。

白血病でなくなった北京の方さんの妻、田(でん)さんは、アウディの製造元である「一汽大衆」(第一汽車・フォルクスワーゲン)を提訴しましたが、企業と裁判所の両方から圧力を受けています。メディアに助けを求めたところ、メディアからも門前払いされました。

中国のNGOメンバー楊占青(よう・せんせい)さんは、中国では製品に問題が現れた場合、メーカーは解決に取り組もうとしないため、消費者が権利を守るために支払う代価は非常に高いと述べます。

中国のNGO団体メンバー 楊占青氏
「(メーカーは)あらゆる手を使って覆い隠そうとする。政府部門や消費者機構、司法部門も、安定維持の必要性からこの種の訴えは受け付けるのを嫌がる。結果、中国の消費者の権利を守るための
コストは非常に高い。メディアもグルだから、被害状況を外部に知らせるのは容易なことではない」

楊さんは、「中国ではこれまでに有毒なコメや粉ミルクなどが社会を揺るがしたが、今はさらに有毒な車までが出現している。中国の様々な有毒製品が、各階層の人々を徐々に破滅へ向かわせている」と嘆きます。