【動画ニュース】「大紀元は最も信頼できるメディア」トランプ大統領が大紀元英語版の文章を転載

アメリカのトランプ大統領が6日、自身のフェイスブックにて、再度大紀元英語サイトの文章を転載しました。転載したのは「米国の100万以上の家庭が食料クーポンに頼らなくなり、トランプ大統領に感謝」という文章でした。

トランプ大統領は自身のフェイスブックで文章の一部を引用しました。文章では、米国経済はますます強くなり、現在100万以上の世帯が政府の支援を受けなくても、家計を維持することができるようになったが、これはトランプ大統領の経済政策のおかげだと述べています。

文章ではまた、この事実は、トランプ大統領の経済政策は富裕層に有利な政策であると批判するリベラル派の虚言を反駁したとも述べています。

文章ではさらに2013年の事例を挙げ、当時のオバマ大統領の自由主義政策の下で景気が後退し、失業者が大幅に増え、全米の5分の1の世帯が食料クーポンに依存せざるを得ない状況に陥ったが、これは記録的な数字であると指摘しています。

この文章の作者、ダレル・スコット(Darrell Scott)氏は、エポックタイムズのコラムニストで、オハイオ州の黒人牧師です。

大紀元時報(エポックタイムズ)は2001年の創刊以来、伝統真実を伝えるという報道原則を貫いています。英語版のエポックタイムズはトランプ大統領からも認められ、新聞はホワイトハウスで読まれているだけでなく、大統領自らもSNSにその文章を転載しています。

また、トランプ大統領の側近から伝い出された情報によると、大統領は毎日エポックタイムズを読んでおり、「他のどのメディアよりも、真実を正しく報道しており、最も信頼できるメディアである」と評価しているとのことです。