サッカー=香川がベシクタシュに移籍、今季終了までの期限付き

[ベルリン 31日 ロイター] – サッカードイツ1部、ブンデスリーガのドルトムントは31日、元日本代表MF香川真司(29)が今季終了までの期限付きでトルコ1部のベシクタシュに移籍すると明かした。

香川は2010年に当時J2だったセレッソ大阪からドルトムントに移籍。11年と12年にリーグ優勝を果たした。

2012年から14年までマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)でプレーしたのち、ドルトムントに復帰。しかし今季はルシアン・ファブレ監督の下で公式戦わずか4試合の出場にとどまっていた。ドルトムントとの契約は2020年までとなっている。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルク・スポーツディレクターは、「真司の状況、ほかのクラブでもっとプレーしたいという彼の願いをよく理解している」とし、「彼はイスタンブールでチャンスを得られた。彼の希望をかなえることができてうれしい」と話した。

 
 
 
 

【動画ニュース】香港で米国物件の不動産詐欺が続出

【動画ニュース】香港で米国物件の不動産詐欺が続出
香港では、不動産価格の高騰と住宅への ...
続きを読む >
 

正義のために–江沢民提訴第一人者の勇気

正義のために–江沢民提訴第一人者の勇気
段巍さんは医学者の家系に生まれ 、中 ...
続きを読む >