サッカー=アジア杯決勝、5回目の優勝狙う日本と若いカタールが激突へ

[アブダビ 30日 ロイター] – サッカーアジア・カップ(杯)は、アラブ首長国連邦(UAE)で2月1日に行われる決勝戦で、大会記録を更新する5回目の優勝を狙う日本と、初の決勝進出で2022年ワールドカップ(W杯)を開催する若手の多いカタールが対戦する。

日本は大会の序盤から苦しんだが、準決勝のイラン戦では3─0と大勝した。一方、カタールはよりスムーズな勝ち上がりを見せて準決勝ではホスト国のUAEに4─0で勝利。カタールのアルモエズ・アリはここまで6試合連続ゴールの通算8得点で、1996年大会でアリ・ダエイ(イラン)が記録した大会記録に並んでいる。

日本のFW大迫勇也はイラン戦で素晴らしいパフォーマンスを見せて2得点。南野拓実も印象的なプレーを見せているだけにカタールの最終ラインにとっては大きなテストになる。日本の最終ラインでは経験豊富な吉田麻也と20歳の冨安健洋が勝利への基盤を作っている。

カタールの選手たちの多くは、9歳のころからスペイン人のフェリックス・サンチェス監督の指導を受け、大会を通して戦術的なまとまりとチームの一体感を示してきた。UAEとカタールが断交中のため、カタールのサポーターは応援に駆け付けることができないが、選手たちは初の主要タイトルを持ち帰ると決意している。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >