SUBARU、群馬製作所の生産を再開

[東京 28日 ロイター] – SUBARU(スバル)<7270.T>は28日、群馬製作所(群馬県太田市)の生産・出荷を再開したと発表した。問題となっていた電動パワーステアリング装置について、対策を講じた部品の準備ができたため。

同製作所はスバルの国内唯一の完成工場。3種が採用しているパワステ装置に不具合が生じる可能性があるとして、16日夜から生産を停止していた。

スバルは、生産停止による連結業績への影響は現在精査中で、開示すべき事項が発生した場合は速やかに公表するとしている。

 
 

中国債券市場デフォルト急増 2019年は倒産の嵐到来?

中国債券市場デフォルト急増 2019年は倒産の嵐到来?
中国経済の失速に伴い、昨年中国の債券 ...
続きを読む >