【動画ニュース】トランプ大統領「フェイクニュースメディアも新年おめでとう」

トランプ大統領は休暇を取り消して、ホワイトハウスで新年を迎えました。1日早々、ツイッターに新年挨拶を投稿し、新年を祝うと同時に、民主党との話し合いを呼びかけました。

新年を迎え、トランプ大統領はツイッターに大文字で新年の挨拶を投稿しました。「私を憎んでいる人も、フェイクニュースメディアも含め、皆さん、新年おめでとう。トランプ錯乱症候群に悩まされていない人々にとって、2019年は素晴らしい年になるだろう」

報道によると、下院の過半数を掌握した民主党が提出する予定の予算案には、トランプ大統領が要求している国境の壁建設資金は含まれていません。

これに対し、トランプ大統領は「民主党は私が予想していたとおり、新しい壁の予算を入れていない」「問題は、壁がないと真の国境の安全はありえないことだ。我が国はいずれ強固で安全な南部の国境がなくてはならない」とツイッターで述べています。

大晦日の日、フォックスニュースの取材を受けた際には「政府機関を再開し、職員に給料を支払うために、いつでも民主党との交渉を待っている」と述べました。

トランプ大統領(電話取材)

「私はワシントンにいるが、話し合いの準備ができている。私はホワイトハウスで待っている。彼らは今すぐ来ても、いつ来ても良い。私はホワイトハウスでクリスマスを過ごし、今はここで年越しをしている。私はここにいる」

大統領はまた、シリアからの米軍の撤退について、「ゆっくりと帰還させている」と述べました。

さらに、チャック・シューマー氏率いる民主党の上院議員らが、360人のノミネートされた人々の政府機関入りをまだ承認しないことについて、批判しました。

別のツイッターでは、これらの人々は1年以上承認待ちしているが、これはどの政権よりも長く、全く不公平だと述べています。

 

 
 
 

台湾駐米代表がTwitterの肩書きを「大使」に変更

台湾駐米代表がTwitterの肩書きを「大使」に変更
1979年の国交断絶後、最高位の高官 ...
続きを読む >