【石油製のお米をどうぞ】偽装食品天国の中国 ますます巧妙化

アメリカに住んでいる人なら誰しも、中華料理をどこかで食べたことがあるでしょう。その一方で、中国の共産党によって打撃を受け続けている中国の食品業界は、合成卵から偽装エビまで、有害な偽装食品の製造を続けています。それらの食品は、中国国内でも販売され深刻な問題となっています。食品偽装は常に存在しているようですが、未来の技術がそれを見抜いて、阻止する方法を見つけるかもしれません。一方、ねじ曲がった世界の詐欺師達も同じように、その偽装を見抜かれない方法を見つけ進化しているのです。しかし、これらの多くの商品はすでに海外にも輸出されています。あなたも食品を買う場合は気をつけてください。

現在の中国人が、数えきれないほどの胃痛に悩み食品偽装スキャンダルの被害者になっています。中国人にとってそれは不名誉なだけではなく、とても危険です。中国の食品業界は、まるで地雷原のよう。メラミンが混入された粉ミルク、溝と下水道からリサイクルされた食用油、ラム肉に見せかけたネズミの肉。数えきれないほどの食品の偽装罪が、暴露されるのを待っています。

中国は世界でも最大の食品製造国であり、最大の消費国でもあります。中国政府は、食品スキャンダルは世間に公表するという約束を何度もしているにも関わらず、貪欲さと堕落によって世間への期待を裏切ってきました。人々は嘘の情報に嫌気がさしています。

西側の消費者はどうなってしまうのでしょうか? 中国産の食品には警戒しなければなりません。できる限り中国からの輸入食品を避けるのがベストでしょう。

次は、食品偽装のちょっとした一覧です。もちろん、この他にもたくさん食品偽装は存在しています。

偽装卵

これは鳥たちがストライキを起こしてもおかしくありません。驚くほど本物にそっくりな合成卵が中国で生産されています。そして安いがために、人々もこれらを購入しています。しかし、この合成卵を焼くとゴムのように弾むほど弾力があります。これらの合成卵を10個作るのにかかるコストは、日本円にしてたったの2円です。

本物に見せかけるために、鳥のフンまで殻につけられています。

これらの卵を食べることによって、記憶喪失やアルツハイマーを引き起こす可能性があります。

プラスチック米

偽装米は、中国で工業用合成樹脂とじゃがいもを混ぜて作られています。これらを消費することで胃の疾患や死を招く可能性もあります。

これらを3杯食べると、1枚のビニール袋を食べるのに値すると言われています。

沸騰させた油にこの米を入れて溶けるか試してみてください。または、マッチでライスを燃やしてみてください。プラスチックの匂いがするのが分かりますか?

偽装羊肉

キツネ、ネズミ、ミンクがゼラチンとカーマイン、硝酸とちょっとしたスパイスを加えて製造され、羊の肉として販売されているのが判明しました。

数年前に、約1000人の人が3か月の間にこの肉関連の罪で捕まりました。

その当時、20トン以上もの汚染された肉が押収されました。

何人かの悪党がこの捜査から逃れていてもおかしくはありません。

ジェル注入されたエビ

ジェルを使ったエビは重量も増すので、その分利益も増します。これらのエビは中国で長い間出回っていました。

いくつかのジェルは体に害を与えないのですが、いくつかのジェルは印刷機や家具に使われる工業用のものだと分かりました。 これらのジェルには鉛や水銀などの重金属が含まれており、発がん性の可能性があります。自分の家族に、決して食べさせたくないものには間違いありません。

U.S Census Bureauによれば、2015年の1月から10月の間に165億円相当のエビが中国からアメリカに輸出されました。

2015年に食品医薬品局は「動物薬、または安全ではない食品添加物を認めない」とし、エビを含めた中国産の海産物について注意を呼びかけました。

段ボール豚まん

北京の販売者の中で、段ボールを化学薬品で柔らかくし、豚肉の油分を混ぜ合わせパンの中に入れていたことが判明しました。隠しカメラが全ての工程を捕らえていました。しかしながら、中国当局はこの偽装をごまかすために、リポーターに全て彼がでっち上げた嘘だということを認めるように強制させたのでした。

フェイクニュースは中国政権にとって当たり前

中国は食品偽装だけではありません。中国人や世界中の人々に見せている偽装一覧のトップに来るのは、中国当局が虚言を広めた法輪功(ファルンゴン)です。

中国共産党は、全ての宗教と精神修業者に対して、マルクス主義に従うように要求しています。これを拒否すると、迫害されます。

中国共産党による指揮のもと、法輪功への迫害が初めて行われた1999年から、法輪功の精神修養の評判を落とすため、嘘のメディアキャンペーンが行われました。

©Photo.Minghui

国のスポークスマンはこの修行についてカルトだと人々に伝え、真、善、忍の教えに従っていた優しい人々に憎しみを煽り立てました。

中国当局は法輪功の学習者は気が狂っていると決めつけ、警察に連行されるのに値するとしました。学習者たちは違法に逮捕され、拷問を受け、そして牢屋の中で殺されました。フェイクニュースは中国人たちに、無実の学習者たちへの敵意を抱かせただけではなく、政府が逃れていた犯罪に気づかないようにしたのです。

Photo.Minghui

中国人は、国中の病院にはびこる移植用臓器摘出についても隠蔽していました。法輪功の学習者だけではなく、チベット族やキリスト教徒、ウィグル人までもが臓器提供用として拘束されているのです。臓器を必要としている患者がいれば、この被害者は臓器提供のために殺害され、彼らの遺体は後に火葬されるのです。

これは、最も非人道的な残虐行為だと言えるでしょう。

2016年6月に公表された2000年から2015年までの調査で、680ページものレポート報告によれば、毎年中国政府によって6万人から10万人もの臓器移植が行われていることが分かりました。

臓器提供のために殺害された人の数は、このキャンペーンが廃止されたころには何百万人にも上ることになります。

画家による臓器摘出の描写

政府が考えていなかったのは、世界中にいた驚くほど多くの法輪功の学習者が、中国にいる仲間のために立ち上がったということでした。彼らはこの罪悪を世界に伝えました。

多くの国の政府に請願すること、記事を書くこと、ろうそくを灯して祈ること、こうした力によって世間の法輪功に対しての見方が、疑いから称賛へと変貌を遂げました。そして今日、共産主義の中国で起きていることを聞いたことのない人々が、もうこの世界のどこにもいなくなったのです。