【動画ニュース】「ファン・ビンビンはどこに?」中国外交部が異例のコメント

中国ニュースをお伝えします。

ファン・ビンビンはどこに?」中国外交部が異例のコメント

消息不明の中国の女優、ファン・ビンビン(范冰冰)の安否が世界中で気遣われる中、中国外交部が異例のコメントを出しました。9月14日、外交部は記者会見で同氏の行方を尋ねられた際、「これを外交問題だと思っているのか?」と反論し、世界中の関心事を一蹴しました。当局がこの件についてコメントしたのは、ファン・ビンビンが約3カ月前に姿を消してから初めてです。

アフリカ豚コレラが中国で蔓延 内モンゴル・河南省でも確認

アフリカ豚コレラが中国で猛威を振るっており、内モンゴル自治区と河南省でも発生が確認されました。内モンゴルでアフリカ豚コレラが確認されたのは今回が初めてです。

アリババ創始者・ジャック・マー氏 引退日にアリペイが中国銀聯に吸収

アリババグループ創始者のジャック・マー氏が53歳の誕生日に引退しました。14日、中国メディアは同社の電子決済事業「アリペイ」が、同氏が引退したその日に中国ネット決済大手・中国銀聯(ぎんれん)に吸収されたと報じました。マー氏は以前から「アリペイをいつでも国に提供する」と発言しており、ネットユーザーは「マーの夢がかなった」と嘲笑しています。

一人っ子政策の廃止で1000万人が失業の危機 

中国当局が一人っ子政策推進機関3つを廃止したことにより、1,000万人の職員が失業の危機に直面しています。30年以上続いた一人っ子政策時代、計画生育職員は中国共産党組織の末端まで配置され、全戸を厳しく監視し、強制中絶や罰則の実施に関与していました。