機械受注7月は前月比+11%で2年半ぶり大幅増、外需も回復

[東京 13日 ロイター] – 内閣府が13日に発表した7月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は前月比11.0%増と3カ月ぶりに増加、予想(ロイター予測5.7%増)も上回り、2016年1月以来の大幅増となった。受注額は9186億円。前年比は13.9%増だった。

内閣府は、機械受注の判断を「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に据え置いた。

7月は米中貿易摩擦が本格化し始めた時期でもあり、その影響が機械受注の外需に表れているか、注目する声もあった。外需は前月比6.0%増で、6月の12.0%の2桁減少からは回復したが、やや力不足だ。

*内容を追加しました。

 
 
 

中国の人材招致国家戦略「千人計画」 FBIが警戒強める

中国の人材招致国家戦略「千人計画」 FBIが警戒強める
米国では、外国の高学歴・高経歴のハイ ...
続きを読む >
 
 

日米通商協議、24日に開催 茂木氏「双方の利益めざす」

日米通商協議、24日に開催 茂木氏「双方の利益めざす」
[東京 21日 ロイター] - 茂木 ...
続きを読む >