テニス=セリーナが批判した主審、国際連盟が擁護

[10日 ロイター] – テニスの四大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみと対戦したセリーナ・ウィリアムズ(米国)が主審カルロス・ラモス氏を批判した件で、国際テニス連盟(ITF)はラモス氏の判定を擁護した。

ITFは10日、声明で「カルロス・ラモス氏はテニス界で最も経験豊富で、尊敬されている審判のひとり。ラモス氏の判定はルールに従ったものだった」と述べた。

セリーナはコーチングの違反で警告を受けた後、ラケットをコート上にたたきつけてポイントペナルティーを受けた。さらにラモス氏を「ポイントを奪った泥棒」と呼び、ゲームペナルティーを言い渡された。

セリーナは2─6、4─6で敗戦。この試合での言動で全米テニス協会(USTA)から1万7000ドル(約190万円)の罰金処分を科された。

*カテゴリーを追加します。

 
 
 

中国の人材招致国家戦略「千人計画」 FBIが警戒強める

中国の人材招致国家戦略「千人計画」 FBIが警戒強める
米国では、外国の高学歴・高経歴のハイ ...
続きを読む >
 
 

日米通商協議、24日に開催 茂木氏「双方の利益めざす」

日米通商協議、24日に開催 茂木氏「双方の利益めざす」
[東京 21日 ロイター] - 茂木 ...
続きを読む >