日米通商協議は2日目も議論、初日は率直に意見交換=茂木経財相

[ワシントン 9日 ロイター] – 茂木敏充経済財政相は9日、米ワシントンで日米通商協議(FFR)の初会合に臨み、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と議論した。茂木経財相は初日の協議終了後、記者団に対し、協議を10日も継続することを明らかにした。

茂木経財相は初日の協議を振り返り、「率直な意見交換ができた。お互いの立場、考え方に対する理解が深まった。いい議論ができた」とした上で、「明日さらに議論を深める」と語った。2日目も協議することについて「相当幅広い内容について議論したので、あらためてお互いに議論を整理する必要がある」ためと説明した。

米側が北米自由貿易協定(NAFTA)の交渉も進めており、予定を調整するという。

茂木経財相は、基本的な立場としては、米は2国間交渉を求めており、日本は環太平洋連携協定(TPP)が日米双方にとって最善との考え方を変えていないと説明。協議内容については、終了後に話せる範囲で説明する、とした。