人民元、為替操作の兆候注視=ムニューシン米財務長官

[サンパウロ 20日 ロイター] – 米国のムニューシン財務長官はロイターのインタビューで、人民元安をけん制、為替操作の兆候が無いか注視していることを明らかにした。

10月15日に公表を予定する、半期に一度の為替報告書とりまとめの一環として、人民元安を精査するという。

長官は中国について「通貨安が不公平な利益をもたらすことは疑う余地が無い」と指摘。「為替操作を行ったかを非常に注意深く精査していく」と述べた。

このほか、ドル高は米国にとって長期的に重要としつつ、短期の問題に関するコメントは控えた。

大統領が、連邦準備理事会(FRB)やパウエル議長の独立性を尊重しているとの認識も示した。

中国が意味のある変化を遂げることに誠意をみせるなら、同国と貿易面で合意する用意があると言及した。

合意には米国の知的財産権保護のほか、技術移転や合弁事業の強要を止め、中国で米国企業が公正に競争できる機会が必要との考えも示した。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >