ホンダとGM、北米向け次世代EVバッテリーで提携へ

[7日 ロイター] – ホンダ<7267.T>と米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>は7日、電気自動車(EV)向けの次世代バッテリーを巡り提携する計画を発表した。

GMがホンダにEVバッテリーセルやモジュールを提供し、両社が北米市場で販売するEVに搭載する。

GMによると、次世代バッテリーは従来よりも小型で、充電時間も短縮される見通し。関係筋によると生産は2021年ごろ開始するとみられる。

バッテリーパックはEV部品の中で最も高額で、1万ー1万2000ドル程度と、現在GMが販売するEV「シボレーボルト」の価格のほぼ3分の1を占めており、提携によって両社は将来のEV開発コストを大幅に削減できる可能性もある。

関係筋によると、従来のバッテリーセルを供給する韓国LG化学<051910.KS>が、次世代バッテリーセルも供給する見通し。GMは供給契約はまとまっていないとして、詳細には踏み込んでいない。

GMとホンダはこれまでに水素燃料電池EV開発で提携してきている。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >