シンガポール、米朝首脳会談前後は一部空域を制限 厳戒態勢

シンガポール 6日 ロイター] – シンガポールの空域が来週に同国で行われる米朝首脳会談の前後に一部制限されることが明らかになった。当局は会談の開催場所に近い空軍基地に接近する航空機があれば追撃される可能性もあるとしている。

米朝首脳会談は12日にシンガポールのセントーサ島のカペラホテルで開催。シンガポール政府は同島のほか、外務省や米大使館、ホテルなどがある市中心部を10日から14日まで「特別行事区域」に指定し、厳重な警備態勢を敷く。

国際民間航空機関(ICAO)と米連邦航空局(FAA)のウェブサイトに掲載された通達によると、シンガポールの一部空域は11─13日に断続的に制限される。また「国家安全保障の理由」によりシンガポールのチャンギ空港に着陸する航空機は減速することが求められるほか、滑走路の利用が一部制限される。

このほか、セントーサ島の東にあるパヤレバ空軍基地への航空機の接近を禁止。接近した場合は「追撃」される可能性があるとした。同空軍基地は過去に米大統領が訪問した際に利用されている。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >