米大統領の会談意向、金委員長が北朝鮮の意思決定者だから=高官

[ワシントン 8日 ロイター] – 米政権の高官は8日、トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談を受け入れたのは、金委員長が北朝鮮の最終意思決定者だからだと語った。

同高官は記者団に「トランプ大統領は合意点を見いだすことで評判を築いてきた」と説明した。

トランプ氏と金委員長が会談する場所や日時は未定となっている。

 
 

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか

世界の港101か所に中共が進出 EUは豪州から学べるか
欧州は中国の国有企業が、欧州で二番目 ...
続きを読む >
 
 
 

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政

中共 新疆におけるテクノロジー を用いた虐政
中国共産党は、前例のない徹底した統制 ...
続きを読む >