仮想通貨、金銭として機能せず=英中銀総裁

[ロンドン 3日 ロイター] – イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は2日、仮想通貨について、金銭としては機能しておらず、金融バブルの明らかな兆候があると指摘した。

ただ仮想通貨で採用される技術が将来的には金融システムを改善する可能性もあると付け加えた。経済関連のカンファレンスで講演した。

規制当局者らは一様に、仮想通貨の普及に懸念を示している。カーニー総裁もこうした声に賛同し、仮想通貨の違法行為を防止するほか、他の資産と同じように扱うためには新たな規制が必要だとの見解を述べた。仮想通貨の人気は急上昇しているものの、現金やカードの代わりにはならないと強調した。

「仮想通貨はせいぜい、限られた範囲で一部の人々にとってのみ金銭のように作用するが、その場合にも、伝統的な通貨と一緒に使われなければならない。簡単に言えば、機能していない」と述べた。

仮想通貨で最もよく知られるビットコインの価値は、2017年初めの約1000ドルから12月中旬には2万ドル近くへ急上昇した。その後、18年2月に6000ドル以下に急落し、今は持ち直しつつある。

総裁は、仮想通貨は金融システムのリスクにはなっていないとし、禁止は求めていないと説明した上で、金融システム内の他の商品と同様に規制される必要があると述べた。

カーニー総裁は、仮想通貨に投資する傾向のある若者は、07-09年の金融危機前にみられた市場のバブルをそれほど認識していないのだろうと発言。「多くの仮想通貨が典型的なバブルの特徴をみせている」と警告した。

一方、仮想通貨で採用される分散台帳技術は、現金決済やその他の取引を改善することができると述べた。「現世代で達成できることではなくとも、仮想通貨が現在の決済システムに対抗していることは事実だ。仮想通貨は今、完全に信頼できるリアルタイムの分散型取引手段に進化する必要がある」と述べた。分散台帳技術はまた、税金や診療記録、企業のサプライチェーンとしても使えると発言。ただその場合、中央銀行が仮想通貨を管理する必要があると付け加えた。

今月アルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では仮想通貨が議題に上る可能性が高い。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >