エジプト最後の王が所有した金時計、中東での最高価格で落札

ドバイ 27日 ロイター] – 23日にドバイのクリスティーズで行われた競売に、エジプト最後の王ファルークが所有したスイスのパテック・フィリップ社の時計が出品され、91万2500ドル(約9600万円)で落札された。中東で落札された時計の価格としては、過去最高となった。

落札価格には、購入者がクリスティーズに支払う手数料(バイヤーズ・プレミアム)が含まれているという。

時計は1944年製の「パテック・フィリップ1518」で、万年歴とクロノグラフを搭載。エジプト王室の紋章が刻印されているモデルで、281個しか作られていないと言われている。1518シリーズは、時計メーカーが初めて万年歴とクロノグラフを同時に搭載したモデル。

ファルーク王は、父親譲りの希少時計収集の趣味があった。

クリスティーズは、40万─80万ドルの落札価格を予想していた。

 
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >