米セブンイレブン一斉捜査 米当局、不法就労取締を本格化 

米移民当局は現地時間10日早朝、セブンイレブン現地法人の100店舗あまりを一斉捜査した。不法就労取締の一環で、不法移民強制退去の政策を掲げているトランプ大統領の就任以来、特定企業を対象とする最大規模であると見られている。

当局の発表では、21人が不法就労の容疑で拘束された。

トランプ政権下では不法滞在者の強制送還・逮捕率は40%上昇した。雇用主へのより厳しい罰則を求める声が不法移民反対派の間で高まっている。

米移民税関捜査局(ICE)の国土安全調査部のベナー部長代行はAP通信に対し、今回の取締は第一弾にすぎず、年内は不法就労者増加の温床とされる雇用先企業への監視を強化し、本格的な捜査を進めていくと述べた。

米セブンイレブンは全国で約8600軒のフランチャイズ加盟店を抱えている。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >