家の話ー「家」にこめられた古人の思い

悠遊字在漢字の由来

の話ー「家」にこめられた古人の思い

 

 

 

 

【冒頭の詩】

どの家にも悩みがある
外に漏れたら恥になる
父は慈しみ、子は孝行する
夫婦は一生愛し合い
兄弟姉妹は心を一つに
一家は楽しく、万事は盛んに

 

【あらすじ】

家屋とに関する漢字といえば?……実は「家」。ご存知、「宀(うかんむり)」は屋根のある家屋を表し、「豕(いのこ)」は「豚」の昔の字。でも、なぜこの二つが組み合わさったのか?
もちろん人が過ごすには、雨風を避けるための家屋が必要だ。そして人が豚を飼うのにも大きな意味がある。豚はほかの家畜に比べて、繁殖力が強い。例えば、豚はわずか四ヶ月で一度に12匹も産める。一年で二回ほど出産するから、年間合わせて約24匹産めることになる。中国人は子孫繁栄と幸せを強く願うので、豚をそのシンボルにしたのだろう。
忙しい現代人にとって、「家」は単に食べて寝るだけの場所かもしれない。しかし、古人は違う。人生はここで始まり、ここで終わる。若いとき各地を旅していても、最後には帰郷を願うものだ。我が家は、何よりも大切な居場所だから。きっと、この「家」の字には、そんな古人の熱い思いがこめられているに違いない。
さて、皆さんは「家」にどんな思いを持つだろうか?今一度我が家の温かさ、ぬくもりに思いをはせてみたい。

 

【漢字について】

1、甲骨(こうこつ)文字:
四千年近い歴史を持つ漢字の中で、最古のものとして残っているのが甲骨文字。殷の時代、国にとって重要なことがあると、亀の甲羅や牛の骨を焼いて占った。そのひび割れで出た占いの結果は、刻して記録された。この際使われた文字が、ずばり甲骨文字。
2、金文(きんぶん)文字:
甲骨文字の後、つまり殷・周から秦・漢の時代まで使われた文字。青銅器に刻されたり、鋳込まれたりした。ここでの金は、青銅器を指す。当時は、官職に任命されたり、戦功を上げたりすると、それを青銅器に記録したという。
3、小篆(しょうてん)文字:
金文の後に誕生したのが篆書(てんしょ)。これは小篆と大篆に分かれる。秦の始皇帝は、ばらばらだった文字を統一し、標準書体を定めた。これが小篆だ。
4、楷書(かいしょ):
南北朝から隋唐の時代にかけて標準となった書体。漢の時代まで使われた隷書から発展したもの。
 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >