吉林省で中国軍兵士が行軍 戦う相手は北朝鮮かアメリカかそれとも自国民か

12月7日、海外のSNSサイトに、大勢の中国軍兵士が背嚢を背負い行軍曲を大声で歌いながら街中を行進する映像が流れました。

映像の投稿者によると、映像は中朝国境の吉林省で撮影されたもので、撮影は禁じられていたとのことです。

最近の緊迫した北朝鮮情勢から、戦争を想定した行動だと思われるとしつつも、戦う相手は誰なのかについては、ネットで意見が分かれています。

「また抗米援朝か?」という意見がある一方、「今回は抗朝援米だろう」などの意見が投稿されました。

また、北朝鮮とは関係なく、「自国の国民を脅かしているのだ。街中で雄叫びを挙げながら戦争に行く軍隊なんてないだろう」というコメントもありました。

新唐人テレビがお伝えしました。

 
 

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】

北京市民が体験した「4.25中南海事件」【禁聞】
天安門大虐殺から10年後の1999年 ...
続きを読む >
 

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進

カナダの議員 臓器狩り対策法案を推進
カナダの議員たちは、国民が中国の違法 ...
続きを読む >
 

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可

感染症より食糧難が深刻 吉林省で農民の帰郷を許可
中国の一大穀倉地帯である吉林省では春 ...
続きを読む >
 

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち

【ドキュメンタリー映画】冷戦の中のカナリアたち
2021年の初め、シンガーソングライ ...
続きを読む >