英国立公文書館 天安門事件関連の機密文書を解禁

イギリス国立公文書館が先月機密解除した大量の外交文書の中に、1989年に中国北京で発生した天安門事件に関する文書が含まれていました。

「香港01」の報道によると、1989年6月3日から4日にかけて人民解放軍第27集団軍による掃討作戦で銃撃により死亡した学生、市民、兵士は一万人以上に上ると記述されたデータが発見されました。

この情報は当時中国国務院上層部のある人物から提供されたものとしていますが、この人物の名前が黒く塗りつぶされているため、身元は公開されていません。当時北京に駐在していたアラン・ユエン・ドナルド英国大使は、電報でこの人物の情報は正確であると実証されていると報告しています。

文書では銃撃の様子が詳細に記載されています。それによると、装甲車に乗った第27集団軍の兵士が、市民や他の兵士を含む群衆に向かって銃撃を行い、正義路から離れる許可を得た1000人も、待ち伏せていた兵士による機関銃の掃射を受けました。装甲車は脱落した瀋陽軍区の兵士を追いかけ轢いたといいます。

新唐人テレビがお伝えしました。

 
 

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」

目撃証言「法輪功学習者が生きたまま肝臓移植のドナーに」
日本の元暴力団メンバーが、中国の病院 ...
続きを読む >
 

中共政権の隠れた犯罪を暴く

中共政権の隠れた犯罪を暴く
米国在住のある法輪功学習者は、父親が ...
続きを読む >
 

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植

大学教師のために4日間で臓器を調達 オンデマンドの臓器移植
先月、急性心筋梗塞を発症した中国蘭州 ...
続きを読む >
 

大阪と武漢の港提携に疑問の声

大阪と武漢の港提携に疑問の声
大阪港湾局が昨年12月、中国の武漢新 ...
続きを読む >